Hygge Life #17【赤ワインと白ワイン】

こんばんは。Normartです。

先日デンマークより段ボール3箱分の荷物が届きました。

ちょっとした税関でのトラブルにより少し到着が遅れましたが、約80点全て無事。

またオンラインストアや公式LINEでお知らせしますのでお楽しみに😊

今回の買い付けではStub(スタブ)のグラスがいくつか再入荷できました。

StubはHolmegaard(ホルムガード)製で、クリアとグレーの2色展開でした。

クリアのいくつかのサイズは2019年に同社より復刻されましたが、それも廃盤となり、Stub自体ヴィンテージのみとなっています。

当店では主にグレーを取り扱っていますが、サイズも複数あり脚付きのグラスにしてはステム部分(脚部分)が短いのでとても安定感があります。

今回は赤ワイン、白ワイン、コニャック、リキュール、そして初めての入荷となるシャンパングラスが入荷。

いずれもスタック(積み重ね)もできるのでとても実用的なシリーズです。

ところで以前から気になっていたこと。

海外のグラスはお酒の飲む用のグラスが多く、Stubにもそれぞれに「合うお酒」の名前が付いています。

今回初入荷の「シャンパングラス」も横に広がった形状で「よりシャンパンを愉しめるため」にデザインされているんだと思います。

ワイングラスにも「赤ワイン」と「白ワイン」用のグラスがあります。

Stubに限らず、どのグラスも赤ワインよりも白ワイン用のグラスの方が一回り程小さいんです。

僕はお酒が飲めないので、ずっと何の違いがあるのかな、と思っていました。

ワイン好きの方は既に周知なことかもしれませんが、調べて見たので少しお付き合いくださいませ。

ワイングラスは基本的にステム(脚)とボウル(ワインを注ぐところ)に分かれています。

このボウルの大きさが違うことで、ワインがボウル内で空気に触れる「呼吸空間」というものに差が出て、香りや味わいに影響を与えるそうです。

赤ワインと白ワインでは楽しみ方が違うということですね。

もう一つ気になっていた、なんでグラス一杯にワインを注がないのだろう、ということ。

ワインってグラスの半分以下までしか注がないですよね。

これもずっと疑問出したが、ワイングラスを回して香りを出すために「呼吸空間」というものが必要なんですね。

Stubは一般的なワイングラスに比べてステムが短く安定性があるので、僕みたいにお酒やワインが飲めなくても、充分日常使いできるグラスです。

オンラインストアに掲載してありますので、気になる方は見てみてください。

 

Holmegaard / Stub

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

ブログに戻る