Brand

Royal copenhagen ロイヤルコペンハーゲン Tenera テネラ

Royal Copenhagen

  1775年、デンマークのコペンハーゲンにて創業したロイヤルコペンハーゲン。 白地に青色のペイントで華やかな器を思い浮かべる人が多いと思います。 当店で主に扱っているのはAluminia窯(アルミニア)で製造されていた作品。 アルミニアは1950年から1970年にかけて、ファイアンス製法(低温でゆっくりと時間をかけて焼成する技法)に特化した製品を製造していました。 代表的なものとして、Tenera(テネラ)やBaca(バッカ)といったシリーズがあります。 それらのシリーズには植物や動物のモチーフが描かれ、ハンドペイントによる大胆なデザインが人気となりました。 アルミニアはロイヤルコペンハーゲンを買収しますが、ブランド名としてはロイヤルコペンハーゲンに継承されることになり、途中からはテネラやバッカもロイヤルコペンハーゲンのロゴが使用されるようになります。 激動の時代背景の中で生まれた、自然をモチーフにした柔らかなデザイン。まるでアートピースかのようなアルミニアやロイヤルコペンハーゲンの作品をご紹介します。

Royal Copenhagen

  1775年、デンマークのコペンハーゲンにて創業したロイヤルコペンハーゲン。 白地に青色のペイントで華やかな器を思い浮かべる人が多いと思います。 当店で主に扱っているのはAluminia窯(アルミニア)で製造されていた作品。 アルミニアは1950年から1970年にかけて、ファイアンス製法(低温でゆっくりと時間をかけて焼成する技法)に特化した製品を製造していました。 代表的なものとして、Tenera(テネラ)やBaca(バッカ)といったシリーズがあります。 それらのシリーズには植物や動物のモチーフが描かれ、ハンドペイントによる大胆なデザインが人気となりました。 アルミニアはロイヤルコペンハーゲンを買収しますが、ブランド名としてはロイヤルコペンハーゲンに継承されることになり、途中からはテネラやバッカもロイヤルコペンハーゲンのロゴが使用されるようになります。 激動の時代背景の中で生まれた、自然をモチーフにした柔らかなデザイン。まるでアートピースかのようなアルミニアやロイヤルコペンハーゲンの作品をご紹介します。